千葉県船橋市の行政書士です。遺言書作成支援、会社設立支援、補助金申請、契約書作成など気軽にご相談ください。事業者様向けに補助金や支援金などのお得な情報を載せた無料レポートをお配りしています。

死後事務委任契約

  • HOME »
  • 死後事務委任契約

 死後事務委任契約とは、委任者(お客様)が親族以外の者である受任者(行政書士など)に対し、葬儀・火葬・納骨等の葬送、その他自身が亡くなった後に必要な諸手続きをすることを委託する契約です。

 死後事務は大きく分けて、遺体の引取り・葬儀・火葬・納骨等の「葬送」と呼ばれる事務と、不動産賃貸借契約や電気・ガス・水道等の供給契約など私法上の契約の解除に関する事務の2種類に分類することができますが、これらの事務に伴う費用の支払い・債務の弁済や遺品整理と呼ばれる家財の処分については、委任者(被相続人)の遺志による財産処分という性質を持っています。(参照:「死後事務委任契約の実務」(吉村信一))

 「自分が亡くなった時に家を引き払ったり、各種手続きをしたりする親族がいない」「終活について考えているが、息子の協力を望めそうにない」などといった悩みをお持ちの方に各種お手続きを代行する契約です。

お気軽にお問合せください TEL 047-750-1903 受付時間 7:00 - 21:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 行政書士横山事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.