千葉県船橋市の行政書士です。補助金申請、会社設立支援、契約書作成、遺言書作成支援など気軽にご相談ください。事業者様向けに補助金や支援金などのお得な情報を載せた無料レポートをお配りしています。

定款作成後の流れ(合同会社編)

  • HOME »
  • 定款作成後の流れ(合同会社編)

地域によっても提出書類は若干異なりますが、概ね次のような流れとなります。

定款作成後

資本金の振り込み(既存の口座でよい。個人名が明記されるように振り込みで)

払込証明書の作成(①通帳の表紙、②通帳表紙裏面、③振り込んだ金額のわかる明細 ①~③のコピーを払込証明書に添付)※証明書の押印は会社代表者印、資本金の額や日付(最後の振り込み日付以降の日付に)に注意

資本金決定書の作成(定款で本店の所在地を最小行政区画に定めた場合、資本金及び本店所在地決定書)※個人の実印を押印

登記申請書の作成

登記すべき事項の提出(CD-Rなどの電磁的記録媒体またはオンライン提出)

製本作業(登記申請書、定款、払込証明書、設立パターンごとに必要な添付書類+印鑑届出書、登記すべき事項を記録したCD-R)※印鑑届出書はホチキスで止めずに、クリップで止める)

登記申請※登記した日が会社設立日となる

数日して登記完了。法務局で履歴事項証明書の取得(3~4通)、印鑑カードの取得、印鑑登録証明書の取得

その後、関係機関へ届出をする

・税務署 ・県税事務所 ・市役所 ・年金事務所 (従業員を雇う場合は労働基準監督署、公共職業安定所)

・銀行口座開設(定款、履歴事項証明書、身分証、銀行印、法人設立届)

事業スタート! 

【無料メールセミナー】失敗しない会社設立の方法もどうぞご覧ください♪

お気軽にお問合せください TEL 047-750-1903 受付時間 7:00 - 21:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 行政書士横山事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.