千葉県船橋市の行政書士です。補助金申請、会社設立支援、契約書作成、遺言書作成支援など気軽にご相談ください。事業者様向けに補助金や支援金などのお得な情報を載せた無料レポートをお配りしています。

個人事業と法人

  • HOME »
  • 個人事業と法人

起業しようとした際に2つの選択肢があります。個人事業主として開業するか、法人を立ち上げるか。また、法人にも営利を追求するかしないかにより種類が変わってきます。くわしくはこちらをご覧ください。

その1 開業のしやすさ

これはダントツに個人事業です。開業届を税務署に提出しさえすれば開業となります。一方、(例えば株式会社)であれば会社のルールである定款を作成し、それを公証人に認証してもらい、法務局で登記をします。ここで初めて会社の銀行口座を作ったり、税務署に届け出をしたりすることができます。また、費用についても株式会社は(資本金とは別)約25万円ほど必要となります。

その2 税金について

詳しくは税理士や商工会議所等でご相談されることをお勧めします。一般的には課税所得が330万を超えたあたりから個人事業の方が税負担は重くなります。

その3 社会的信用について

こちらは当然、会社の方が信用は高くなります。個人事業は個人が看板ですので、ミスやトラブルはダイレクトに自分の損失となります。

その4 事業に対する責任

個人事業の場合は無限に責任を負います。一方で株式会社の場合は出資金の範囲に限定されます。

まとめ

個人事業は少ない資金で手軽に始められる一方で、事業に対する責任が重かったり、信用が得られず融資を受けにくいといったデメリットがあります。株式会社は開業までに様々な手続きが必要であったり、日々の会計処理が大変だったりしますが、融資を受けやすかったり、税金面で優遇されていたりします。

簡単に個人事業と株式会社を比べましたが、どのような形で起業したらいいのかお悩みの方はお気軽にご連絡ください。

【無料セミナー】失敗しない会社設立の方法はこちら

ホームへ

お気軽にお問合せください TEL 047-750-1903 受付時間 7:00 - 21:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 行政書士横山事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.